「いたこのおいしい水」 (^^)/

s-IMGP0896

本日,子ども達は,ひとりに一本ずつ「いたこのおいしい水」をお土産に持ち帰ります。

この「いたこのおいしい水」は,潮来市建設部上下水道課から,市内の各小中学校に頂いたものです。500mlのペットボトルの中は,本校の隣の「田の森浄水場」の水道水です。安全でおいしい水です。

ちなみに,「おいしい水」の要件は,厚生労働省の諮問機関「おいしい水研究会」がまとめたものにあてはめています。例えば,硬度は要件が「10~100mg」のところ,田の森の水は「68~77mg」とクリアしています。 …というように,各要件をクリアしているのが「いたこのおいしい水」です。(詳しくは,ペットボトルのラベルに記載されていますので,ご覧ください)

冷たくして飲んだり,あるいは湯にしてお茶をいれたり,それぞれにお楽しみください。

桜が,咲いていますが…。なぜ? という疑問に,ちゃんと答えます (^_^)v

s-IMGP0888

うさぎ小屋のとなりにある「さくら」が少し咲いています。白い花びらと,ピンクがかった花びらが,枝にちらほらと咲いています。

子ども達の中には,「春に咲くのに,変なの」と言っていう姿もあります。ちゃんと,「さくらは春」と認識しているからこそ出る言葉ですね。

さて,学校のさくらはどうしてしまったのでしょう。俗に「狂い咲き」などと言いますが,そもそもなぜ「狂い咲き」するのか,その原因があるはずです。

実は,ちゃんと訳があるのですね。

実は,さくらが次の年の春に咲くための「花芽」は夏の間にできるのです。そして、そして冬の低温に備えるために,枝の葉から「休眠ホルモン」を出して,それで花芽を硬くして翌年の春まで咲かないようにしているのです。すごいものですね。春に咲いて花が散ったかと思っていたら,もう夏には次の年の花の準備をしているわけです。

しかし,ここで問題が起こります。たとえば害虫のアメリカシロヒトリなどに葉っぱがすべて食べられてしまったとか,あるいはすごい台風などでほとんどの葉を失ってしまったというような場合です。まだ葉っぱがなければならない時期なのに,ほとんどの葉がなくなってしまうケースです。本校のこのさくらも,夏の段階ですっかり葉がなくなってしまいました。原因は強風でしょう。たしかに直撃に近い台風もあったし,けっこうすごい強風が吹き荒れることもありました! そうなると,葉っぱがありませんので,葉から出る「休眠ホルモン」の供給がストップしてしまいます。これはたいへんです!

すると、「花芽」が安心して休眠できずに,秋の気温が丁度良くなった頃(つまり今頃です!)に,ぽこっと花が開いてしまうのです。 つまり,さくらの「花芽」は,

「あっ! 暖かいわ! 春が来たんだわ! 咲かなくちゃ!」

と,あわてて咲いてしまうのです。それが,「狂い咲き」と言われる現象なのですね。

秋に花が咲いた所は,とうぜんにも「花芽」を使ってしまいますので,翌年の春にその部分に花はつきません。とは言っても,全部の花芽が「狂い咲き」するわけではないので,大丈夫です。確かに,そんなにたくさんの花が咲いているわけではありません。たとえ,「狂い咲き」したサクラでも来年の春にはちゃんと花を楽しめるそうです。ああ,よかった(^o^)

あ,まだ学校のうさぎ小屋のわきの「さくら」は,「狂い咲き」していますので,ぜひ『花見』をしてやってください。なにしろ,この「花芽」は,もう咲くことはないのですから。

校歌の額をリニューアル(^_^)v

s-IMGP0894

体育館の正面左にある本校の「校歌」の額。平成13年度の卒業生によって寄贈されたものですが,校歌の表装が浮いてきてしまっていました。

そこで,今回は思い切って(!),表装をやり直していただいたのに合わせて,さらに表全面に厚さ4mmのアクリル板を入れました。写真で反射しているのが,わかりますか?

最近の学校の校歌額では,はじめからアクリル板をはめこむのは当たり前ですから,めずらしいものではありません。しかし,本校では初めてですから,ちょっとうれしいリニューアルです(^^)/ 体育館を利用する機会がありましたら,ぜひ見て下さい。

運動会ポスター,決定!!

「大生原大運動会」のポスターを決定する投票が行われました。審査は理科室に展示された各学年からのよりすぐりです。児童全員と教職員全員が1票ずつ投票しました。 

s-2013092716150000

午後4時すぎ,全員の投票を確認してから開票作業を行いました。

s-IMGP2104

その結果,投票が最も多く,選ばれた作品は,この作品です!!

s-IMGP2105

作者は,5年生のO.Rさんです。このポスターがメイン・ポスターとして,プログラムにも掲載されます。おめでとう(^^)/

銚子&神栖へ校外学習! 5年生

本日(9/27),5年生が社会科の校外学習で銚子,神栖方面に行きました。 

最初に行ったのは,銚子の漁港です。通常ならば,9時ごろでも漁船が着いていて,魚が揚がり,セリなどが行われているのですが…

s-IMGP2034

今日は,この通りです (>_<) …というのも,昨日の台風20号の影響で,海は大しけが続いていたからです。銚子漁港から漁に出た漁船もないでしょうし,外から漁船が入ってきている様子もありませんでした。何もなくて,広い魚市場を,「本当はにぎやかだ」というイメージで歩きました。

そこで,銚子ポートタワーで見下ろすことにしました。

s-IMGP2046

s-IMGP2053

↑ 銚子ポートタワーから見下ろした漁港です。漁船が見当たりません(>_<) 外海は大きな波がうねっていました。

s-IMGP2077 

↑ というわけで,漁港に停泊している漁船を見に行きました。普段なら出港しているか,近くでは見られないかもしれない漁船ですが,今日は間近で見られました。巻き網の漁船や,クレーンのある漁船など,さまざまな漁船を見ました。(ちなみに,上の写真で「男だぜぃ!」と気取ったポーズをとっている児童がいますので,注目してやってください(^_^)v )

s-IMGP2083

↑ 漁港には「宮崎県」の船も入っていました。シケているので,今日は天気はよくても「休み」のようです。子供達は,「九州からも来ているんだ」と驚いていました。

そのあと,醤油製造の「ヤマサ醤油工場」に見学に行きました。大豆と麦,塩から作る醤油の製造工程を学びました。夏は涼しく,冬は暖かいという銚子だからこそ,醤油製造に適しているのだそうです。

s-IMGP2095

s-IMGP2098

↑ 昔はこの樽で醤油を作っていたのですね。今は記念撮影用の樽です。大生原小の5年生は全員がこの樽に収まってしまいました(^o^)

s-IMGP2100

 ↑ これは,左が「ヤマサ醤油」さんでいただいたお土産の「特選しょうゆ」です。

右の「ビオレ」と「キュキュット」は,午後に見学した神栖の「花王工場」さんからいただいたお土産です。(工場見学は内部では写真撮影ができませんでしたので,お土産を載せさせていただきました。こころから感謝いたします(T_T) ありがとうございました!!)

プリザーブドフラワー教室(^_^)v

本日(9/26),PTAの「女性ネットワーク委員会」主催の「プリザーブドフラワー教室」を開きました。親子でのチャレンジです。

s-IMGP0870

先生(正面)から指導を受けて,こまかな作業をしています。バラの花や鳥の羽根もあって,とても豪華な材料です。

s-IMGP0881

接着剤を付けるのもできます。真剣な顔つきです。

s-IMGP0880

ほら,もうすぐ完成 (^o^)  すてきな「プリザーブドフラワー」ができあがります。

学校公開! いろいろ授業。

本日(9/26)の5,6校時は「学校公開」でした。 

s-IMGP0856

↑ 1年生は「どうとく」の授業で,テーマは「かぞく」です。担任の先生が「みなさんは,誰のお世話になっているの?」と問いかけると,「家族のみんな」という答えが多くありました。子供達はしっかりとそんな意識で育っているのですね。

s-IMGP0860

↑ 6年生は修学旅行の「思い出」をまとめています。班のメンバーしかわからないエピソードなどを短文にまとめて,地図に貼りこんでいきます。写真もあるので,たのしい「思い出絵地図」ができていきます。

s-IMGP0865

今日は台風20号が日本列島の南東を通過しています。その影響でかなり風が強く,雲がすごい速さで流れています。窓からそんな状況を見ながら,5年生は「台風」の学習をしています。資料は「今」の気象状況であり,「気象ニュース」です。こんな状況で学習すると,しっかりと頭に入りそうですね。

研究のあれこれにビックリ!(科学フォーラム)

s-IMGP0848

26日(木),昼休み時間に本校の「科学フォーラム」を実施しました。夏休みに研究をすすめてまとめた科学研究作品について,直接つたえようという企画です。

1年生から6年生まで10の作品の発表がありました。一人の研究もあれば,グループ研究もあります。

研究の内容を見てみると,

「アイスキャンディーをつくろう」(1年 K.Sさん)…冷凍庫をたよらずに,さまざまな素材でアイスキャンディーを作ってみた研究です。

「きれいだね・にわのおはなたち~いろみずのけんきゅう~」(1年 O.Hさん O.Yさん)…庭に咲く花からさまざまな色水をつくった研究です。

「しみになりやすいものはどれだ!」(2年 G.Kさん S.Iさん N.Sさん H.Rさん)…しょう油など布にこぼしたものはどれが「しみ」になりやすいのかを研究しました。

「ビー玉のころがり方」(2年 I.Mさん K.Mさん)…たたみやカーペット,床などでビー玉のころがり方や弾み方がどう違うのかを研究しました。

「もっともっと知りたい糸電話 パート3!!」(3年 O.Kさん O.Kさん O.Kさん ←たまたまイニシャルが3人とも同じ (^o^) )…糸電話にこだわった研究3年目です。今年は伝える素材にも変化をもたせた研究です。

「一番飛ぶ野菜№1決定戦」(4年 I.Aさん O.Mさん K.Sさん M.Iさん)…空気でっぽうにどの野菜を詰めれば一番飛ぶのか,というところに目をむけた研究です。

「電気はどのくらい飛ぶのか?」(5年 A.Dさん I.Rさん)…スチール缶やアルミ缶に電流を流してそれがどのくらい飛ぶのかという高学年っぽい研究です。

「ダンゴ虫っておもしろい!!2」(5年 O.Kさん)…ダンゴ虫がどんな条件でどの方向にあるくのか,その習性はどうなのかという視点からの研究です。

「レインボーリサーチ」(1年 I.Kさん 5年生 I.Aさん) 姉弟による虹のでき方の研究です。どんな条件で虹ができるのかを追究しました。

「いろいろな植物の気こうのひみつを調べよう!」(6年 N.Mさん O.Sさん K.Kさん S.Yさん T.Rさん)…学校にある植物の「気孔」を顕微鏡で観察し,そのひみつにせまる研究です。

それぞれ,夏休みに時間をかけて実験や研究を積み重ねた,すばらしい科学研究でした。

また,体育館では「校内発明工夫展」も同時に開催され,さまざまにくふうされた作品を見ることができました。

s-IMGP0853

クリーンセンター見学!

4年生が社会科の校外学習で,潮来市のクリーンセンターに見学にいきました。焼却施設とリサイクルセンターについて,しっかりと学習することができました。

s-IMGP0749

↑ リサイクルセンターに緑袋の「空き缶,空き瓶,ペットボトル」が運ばれてきました。エコマークがあるので,リサイクルされる施設だとよくわかります。

s-s-IMGP0747

↑ ここは,焼却施設のコントロール室です。燃えている炉の中のようすがよくわかります。ゴミを燃やすシステムがよくわかりました。

s-IMGP0788

クリーンセンターに運び込まれたゴミや,市民の皆さんが持ち込んだゴミは,この大きな「体重計」(!)で車ごと計量されます。みんなで乗ったてみたら300kg以上になりました。

ワールドキャラバン「ペルーのマリアさん」

 ワールドキャラバン国際理解教育の授業が,,本日の3,4校時に行われました。今回のゲストは,ペルー出身のマリアさんです。地図の上でペルーの位置を確認したあと,まずペルーの衣装を披露してくださいました。子供達が着ているものが,ペルーの民俗衣装,祭りの衣装です。

 s-IMGP0704

 ↓ マリアさんは,子供達にペルーの踊りも教えてくれました。リズミカルな音楽にあわせて,一定のフレーズを繰り返す踊りです。日本で言えば盆踊りのようなものでしょうか。子供達はすぐに覚えて,音楽にあわせて楽しそうに踊っていました。

s-IMGP0716

 ↓ おおきい児童たちもペルーの衣装を着てみました。なかなか様になっていますね。

s-DSC_0392

ペルーは,ナスカの地上絵やマチュピチュ遺跡でも有名です。