離任式(>_<)

今まで大生原小学校でお世話になった先生とのお別れの式です。とても寂しいですがE校長先生,N先生とお別れすることになってしまいました。

「春は,出会いの季節ですがその前に必ず寂しい別れがあります・・・・・・。」児童代表の新6年生H.Aさんのお別れの言葉がありました。先生方との3年間の思い出についてもしっかりと言葉にしていました。

s-DSCF0545

 

卒業生のO.Tさんと新6年生のA.Dさんから,二人の先生に花束が贈られます。

「3年間ありがとうございました。」「委員会活動楽しかったです。」とコメントも忘れずに添えることができました。

s-DSCF0570 s-DSCF0573

退場では,卒業式同様,「巣立ちの鐘」を鳴らしました。一昨年(平成23年)の100周年記念式典で甦った「時鐘」です。その年から,この「巣立ちの鐘」を鳴らして旅立つのが,本校の伝統になっています。体育館いっぱいに「コーーーン」という美しい音色が響き渡りました。

s-DSCF0601 s-DSCF0602

卒業生を含む全児童と全職員でお見送りです。「笑顔でお別れ」のようですが,この後,感極まって泣き出してしまう児童もいました(>_<)

E校長先生,N先生。新しい学校に行っても大生原小学校のことを忘れずにがんばってください(^^)/

最後の下校。荷物がいっぱい?

本年度,最後の一斉下校です。「あゆみ」(通知票)をもらって,暖かな陽が注ぐ校庭に子どもたちが集まってきます。

つい先日,卒業生を送り出したE先生のところに,2年生たちがやってきて「あのね,Aがいっぱいあったの」などと,「あゆみ」の話をしています。そういえば,この2年生たちは,1年生の時にはE先生が担任だったのですね。

s-DSC_0070a

さあ,一斉下校です! 全校児童が並びます。(^_^;)

s-DSC_0082

年度末ですので、今日こそはすべての荷物を持って帰らなくてはなりません。1週間以上も前から,「自分の荷物は計画的に持ち帰ろう」と呼びかけていたのですが、なかには『計画的に』(?),今日すべての荷物を持ち帰る子もいます。どこの学校でもこのタイプの「大物」(>_<)の子は,何人かいるものです。さいわい,荷物で誰だかよくわかりません。よかったですね。(^o^) 春休みには,しっかり勉強してください(^^)/

s-DSC_0093 s-DSC_0087

1年の最後の日:「修了式」

s-DSC_0020a  s-DSC_0045aJPG

今日は「修了式」がありました。今日で,いまの学年が終わりです。修了式では,学年ごとに起立して,代表の児童が校長先生から「修了証」を受けました。とてもしっかりできました。

校長先生からは,「みなさん,1年間とてもよくがんばる姿がありました。授業時間や休み時間などに見ていると,なんにでも一生懸命に取り組んでいるみなさんを見ることができました。これからも,いろいろなことに興味をもち,どんどんチャレンジしてください」と話がありました。

ハナモモの植樹:前川運動公園

23日(日)、運動公園として完成した前川運動公園を囲むように「ハナモモ」の苗木を植える「記念植樹」が行われました。本校からは、児童代表として、5年生のO.Rさんが参加しました。市長をはじめとする「代表植樹」のアシストをしっかりと行いました。

s-2014-0323-112456874-assist

続いて、公園の「芝生広場」の一角に、「大生原小学校」の記念植樹を行いました。各学校の記念植樹が集まっています。

▼ 植樹祭に参加した校長先生といっしょに、O.Rさんは苗木に水をたっぷりと与え、土を入れて、しっかりと支えました。

s-DCIM0075 s-DCIM0077

▼ 「大生原小学校」という記念プレートもつけました。

s-DCIM0082

なぜ、「ハナモモ」になったのか。それについては、市長さんんが挨拶のなかで、つぎのような話をしていました。

「東日本大震災があっ直後に、長野県の阿智村から職員の支援派遣があった。その時から交流がはじまった。阿智村は「南信州の桃源郷」ともいわれ、「花桃の里」として有名。そこで、ぜひとも交流の記念としても「ハナモモ」を植樹しようという話に発展したもの。

しかし、2月の大雪災害で長野県もたいへんな積雪になり、依頼をうけたハナモモの苗が予定どおり出荷できない状況になってしまった。先週の16日の「前川運動公園竣工式」にあわせて記念植樹も行う予定でしたが、この日の植樹になった」

ということです。

ハナモモは、赤、白、ピンクのきれいな花を咲かせます。大生原小学校の記念樹があるところは「芝生広場」(隣にはメガソーラーがよく見下ろせます)そばなので、花期にはとてもすてきな花見の場所になることでしょう。これから先、どんどん成長してハナモモの名所になることを願っています。

ぜひ、大生原小学校の記念のハナモモを見に行ってください。

5年生から卒業生へ (T_T)

s-DCIM0056

3月20日、卒業式の朝の6年生教室。卒業生がいつもよりも遅く登校すると、教室の黒板に黄色い(黄色は幸せの色)大きなリボンが掲げられていました。

そして、5年生からのメッセージが黒板いっぱいに書かれています。

「ご卒業おめでとうございます」

「中学校へ行っても楽しい思い出をつくってください」

といったメッセージです。

これから大生原小学校をリードしていくことになる5年生たちの、心からの贈り物だったのでしょう。

がんばれ、卒業生!

そして、4月からは最高学年になる5年生、GOOD JOB!

厳粛に,しめやかに,卒業式。

第67回の卒業証書授与式が,厳粛かつしめやかな雰囲気の中で行われました。

s-DSCF0374 s-DSCF0417

卒業生は11名。担任のE先生の先導で,入場です。卒業証書は,ひとりひとりが落ち着いた態度で,しっかりと受け取りました。

s-DSCF0475a 呼びかけの歌「さようなら」の伴奏はT.Rさん。

s-DSCF0476 s-DSCF0466

卒業生は,小学校での「最後の晴れ姿」を見せてくれました。

s-DSCF0492

退場の際には,卒業生ひとりひとりが「巣立ちの鐘」を鳴らしました。一昨年(平成23年)の100周年記念式典で甦った「時鐘」です。その年から,この「巣立ちの鐘」を鳴らして旅立つのが,本校の伝統になってきています。体育館いっぱいに「コーーーン」という美しい音色が響き渡りました。

s-DSCF0524 s-DSCF0531

卒業式後の「見送り」は,あいにくの雨のために室内でした。(>_<) 廊下や階段にならんだ在校生の間を,卒業生が別れを惜しむように進みました。手紙を用意して手渡す在校生もいました。(T_T)

記念撮影後には,PTA会長さんが作成してくださった「6年間の思い出」の映像を見ました。小学校への入学当初の写真など,とてもなつかしい写真も登場して,親子で盛り上がりました。このDVDはPTA執行部より,卒業生全員に配付されます。

s-DSC_0033

11名の卒業生のみなさん。皆さんは,大生原小学校のよきリーダーたちでした。後輩たちに,とてもすばらしい姿をのこしていってくれました。この伝統を,在校生がきちんと引き継いで行きます。

心より,ご卒業おめでとうございます (^o^)

村山密画伯のリトグラフ「山の家」

大生原出身で,パリで活躍された村山密(むらやましずか)画伯(1918年生まれ)が,昨年の10月22日,94歳でお亡くなりになりました。遺族の方から,潮来市内の全小中学校に「リトグラフ」が寄贈されました。卒業式に先立って,潮来市を代表して橋本教育委員様により贈呈式が行われました。児童2名が贈呈を受けました。

s-DSCF0386 s-DSCF0388

寄贈された作品は,46×58の「山の村」というリトグラフです。山を背景に教会や建物が描かれた素敵な作品です。

最後のランドセル(^o^)

s-DSCF0369 s-DSCF0373

午後4時。6年生が下校します。いよいよ,明日は卒業式です。そこで,気がつきました!

「あ! 6年生がランドセルで下校するのも最後か!」

とカメラを持ってあわてて出ました。まだ,学校に残っていた6年生たちに,「ラスト,ランドセル!」と,写真を撮らせてもらいました。もう6年も背負ってきたランドセルです。丁寧につかってきたのでしょう。まだまだ使えそうです。

「まだ使えそうだね。中学校でも使ってみたら。」

「まさかあ。はははは」

そりゃあそうですね。確かに,身長が伸びた6年生にはちょっとランドセルは似合わなくなっています。今日で最後のお仕事を終えたランドセルです。6年生は,ランドセルの中もきれいにして,「ありがとう」とお礼を言ってくださいね。

*すでに下校してしまって,写真がとれなかった6年生,ごめんなさいm(_ _)m。自宅で,ランドセルを背負って記念撮影してください(^^)/。

ラスト・サッカーの熱戦!

水曜日に終わったはずのゴールエリアサッカー。昨日のような風もなく,天気も良かったので突然,もう一度行う事になりました(^o^)(すみません。本当に突然だったので私服の児童もいます・・・)

最後の体育なので,思う存分動けるように,今日は,男女に分かれて行いました。

           s-DSCF0364

男子のゲーム。6年生H.Hさんから5年生ゴールエリアのI.Rさんへのシュートシーン。このシュートは10番の6年生I.Rさんが足を伸ばしてクリア。

どうしようもない時には,手を使ってもOKなんですが,さすが男子。ゴールエリアを完璧に守るために手よりも長い足を伸ばしてたくさんシュートを防ぎました。

 s-DSCF0349

ハーフタイム。ビブス無しチームは,サッカー経験者の6年生O.Sさんがディフェンスの動き方をレクチャーしています。一番右の6年生H.Hさん真剣に動きをまねしていますが後半,とんでもないことが・・・

写真でも分かりますが背中が緑のビブスのようです。(1つ上の写真で見てください。)

味方にボールを取られたと思ったら敵だった。「後から見たら味方じゃん。なんて分かりにくい服なんだ!」という抗議があり,上着を1枚脱いでTシャツで後半を行っていました(>_<)

s-DSCF0340a 

こちらは,女子の熱い戦い。「ボールをみんなで追うぞ-」という感じですがゴールエリアの児童にボールが渡ると1点が入ります。ボールが来るとどんどん自分のゴールエリアに向かって蹴っていました。

s-DSCF0358

ゴールエリアの5年生I.Aさん。これまでたくさんのボールを止めてきました。動きは完璧。しっかりとボールの来る方向に走り出してキャッチしようとしています。

どうしようもない時には,手を使ってもOK。女子のゲームでは,「ボールが頭に飛んできた!」「足では止められないかも・・・」「このままでは敵にボールを取られてしまう・・・」と思った時などフィールドの選手もどんどん手を使っていました(^_^;)

s-DSCF0367

A代表サムライブルーと女子代表なでしこジャパンのような白熱した試合の1時間。しかし,サッカーみたいなボール運動。勝っても負けても最後はこの笑顔。

思わぬ突然の体育でしたが,明日,卒業式を迎える6年生と楽しく体を動かすことができました。