身近な放射線量をはかってみよう!

今日は5時間目に「放射線に関する出前事業」行われ,3年生から6年生が参加しました\(^o^)/

講師の先生は茨城原子力協議会のSさんです(^_^)

DSC_3773 DSC_3770

まずはスクリーンで放射能とはなんなのか,どんなものから放射線が出ているのかなどお話を聞きました。

・・・ちょっと難しかったかな(^_^;)?

DSC_3767 DSC_3768

一通りお話を聞いたらいよいよ機械を使って放射線量をはかりにいきます!機械の名前は「はかるくん」と言います。

DSC_3777 DSC_3779

みなさん・・・この機械,ひとついくらだかわかりますか?

なんと・・・・・・10万円します!!

DSC_3788 DSC_3790 DSC_3791 DSC_3793

みなさん10万円もする機械を持って外を走り回ってたんですヨ~( ̄∀ ̄;)アッハッハ

先生も後から値段を聞いたのでビックリしましたよ;壊さなくてよかったね(^_^;)

さ,測定し終わったら理科室に戻ります!

DSC_3795 DSC_3796

どのくらいの数値だったか班のみんなに見せ合いました。

外の数値は低いところで0.05マイクロシーベルト,高いところで0.1マイクロシーベルトありました(^o^*)

今度はSさんが持ってきてくれた測定用の資料を使ってはかってみます!

DSC_3798 DSC_3799 DSC_3801 DSC_3802

「しお」「カリ肥料」「マントル」「湯ノ花」「かこう岩」の数値をそれぞれはかります。

「マントル」は1以上の数値が出てましたね~(゜△゜)!

こうして見てみると,私たちの周りには放射線を出すものがたくさんあるんですね。

2011年3月に起きた東日本大震災で福島第一原子力発電所が倒壊し,放射性物質が放出され大変大きなニュースになりました。

みなさんもこの時に「放射能」「放射線」といった言葉を初めて耳にしたと思います。

ですが「放射能」「放射線」は私たちが生まれる遙か昔から地球上に存在し,共に生きてきたのです。今日のお話にもありましたが,私たちの体からも,ふだん食べている食物からも放射線は出ているのです。

福島第一原子力発電所の事故で「放射能」「放射線」に悪いイメージがついてしまいましたが,「放射能」「放射線」のおかげで私たちの生活が豊かになったのも事実です。

まずは正しい知識を身につけることが大切ですね(^∀^)♪

埋めました(^O^)

12月16日に鉈(なた)や鑿(のみ)を使って皮をむいた間伐材で作った3台のベンチ。

DSC_3407 DSC_3400

DSC_3403 DSC_3425

昼休みに4,5,6年生が中庭入り口に設置しました(^_^)v

▼埋めた後の写真です(^^)/~~~

DSCF5961

▼まずは,ベンチを運びます( ^o^)ノ

DSCF5929 DSCF5930

DSCF5932

協力しながら運んでいます。スコップを手にしている児童もいます。

▼おおよその場所にベンチを置いて穴を掘ります!(^^)!

DSCF5933 DSCF5934

DSCF5935 DSCF5936

スコップや穴掘り器を巧みに使い約50cmの穴を掘りました(;´ρ`) グッタリ

▼皮だけむいてあった間伐材と銀杏の丸太も運ばれてきます(?_?)

DSCF5937 DSCF5940

DSCF5943

銀杏丸太の上に間伐材2本を鎹(かすがい)で打ち込んで,あっという間に4台目のベンチの完成(^^)v

▼掘った穴にベンチを差し込んで微調整OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

DSCF5941 DSCF5946

DSCF5947

水平器も使ってある程度水平にしましたъ( ゚ー^)イェー♪

▼設置が終わったベンチに早速座っています\(^_^)/

DSCF5949 DSCF5950

DSCF5951 DSCF5952

なかなかよい座り心地ですね(●⌒∇⌒●) わーい

▼最後にみんなで記念撮影(*^^)v

 DSCF5953

来校した際には,ぜひ一度,座ってみてくださいm(__)m